日々是閃きのままに!

自然と宇宙の妙味を探求します!

4月も終わり!

 4月も今日で終わりです。早朝の室内気温は、24℃になっていました。早めの梅雨入りを予想していたのですが、どうやら外れそうです。hideやんの住む集落は、今年で入植60周年を迎えます。昨年末から今年に掛けて、初めて集落の固有水道が3ヶ月近く断水するという経験をしました。

 

世界的な規模で、想像を絶するようなことが起きうる変化の時代に突入しているように思います。マクロな視点に立つと’全ての根本原因は自然にある’とhideやんは考えています。どんなことも、受け入れるしかありません。お互い心して過ごしたいものです。

 

 そろそろブログ更新をやらねばと思い続けて今日まで延びてしまいました。キンコ―マンゴーの管理栽培についてまとめる予定でしたが頭(知識)の整理が出来ていないので、最近の農園の様子を紹介することにしました。

 

あるがままの放任栽培パッションフルーツが、花を咲かせました。(4株の中で一つの株だけですが・・)4株とも蔓は3~4mくらい伸びています。この様子だと、来年の収穫も期待できそうな感じがしています。これからも引き続き注目していきたいと思っています。

こんな感じです。廻りの樹木に巻きついて更に蔓を伸ばしていくものと思われます。どんな成長を見せてくれるのか!初めての放任栽培なのでこれからがとっても楽しみです。

 

栽培2年目を迎えた真菰です。2度目の新芽の間引き処理をしました。想像以上に新芽の勢いがあるため、農園内の雑草を使い根元をマルチしました。

どれだけのマルチ(日陰)効果があるのかは未知数ですが、有機物補給も兼ねてやりました。うまくいけば、省力化できるので助かります。もっと気温が上昇して、ストレスによる新芽成長抑制効果が出て来ることを期待しているところです。


====================
余り種生姜の植え付け
====================

 小さくて、植付には向かないだろうと思っていた生姜が新芽を出したため、前に耕起した区画に植え付けることにしました。ここは以前、耕作をしてないところを、耕運機で耕し新たに耕作地として活用するようにした区画です。木材チップを少量ばら撒いて耕しただけです。

 

左の区画には、生姜連作後にジャガイモを植え付けました。ジャガイモの栽培が予想以上にうまく行かなかったために、新たに右の区画を耕して生姜植付専用にすることは、前の記事で紹介した通りです。排水を良くするために、畝間に溝を掘り、ぼら土(大粒)を入れました。

 

こんな感じで、2条植えしました。種生姜も小さく、土壌へ鋤きこんだ有機物も少量の木材チップだけなので肥沃度の面でどうかな~という思いもありますが、これからの成長度合いを確認しながらフォローすることにしました。

植え付け後に雑草を刈って排水路と、生姜植付区画に乾燥防止のためにマルチをしました。肥沃度の面から生姜の成長結果がどうなるのかを注目していきたいです。

 


===================================
落花生(ピーナッツ)で肥沃度アップ
===================================

 根粒菌による圃場の肥沃化は、福岡さんはクローバの播種を推奨されており、リンゴ農家の木村さんは主に大豆を使って実践されています。hideやんもやってみたのですが、気候の問題なのか、土質の問題なのかは分かりませんが、うまくいきませんでした。やはり、古くから地元で栽培されている落花生を使った肥沃度アップが合っているように思いましたので、実践しています。

 

果樹化野菜作りにおいても、株間にピーナッツを植えました。他の果樹の根元には、以前から植えています。少しでも、肥沃度アップにつながればと思いやっています。ちなみに、炭素循環農法では、マメ科野菜を植えると’土を痛める’ということで推奨していません。どういうことなのか、いまだに理解はできていませんが・・・。

 

次回は、頭(知識)の整理をしてマンゴーの話をできればと思っています。


最後までお読み頂きありがとうございました。
by  hideやん(記)