日々是閃きのままに!

自然と宇宙の妙味を探求します!

梅雨入りです!

 気象庁の予報通り、昨日、沖縄・奄美地方が梅雨入りしました。朝から小雨が降り続いています。例年より、10日遅れの梅雨入だそうです。

久し振りに、事務所のパソコンが突然動かなくなってしまいました。日頃は正常に動くものだという認識でいますので、急に動かなくなって、少しだけ頭の中が白くなってしまいました。


原因は、HDDかな~と思っていたのですが、それまでは正常だったので問題ないことに気付きました。色々考察して試したところ、設定データバックアップ用のリチュームイオン電池を交換することで、動くようになりました。


おそらく、次はHDDが悪くなるだろうと思いましたので、ついでにHDDも手持ちのSSDに換装しました。パソコンの立ち上がりがとても速くなり満足しています。これで、当分は問題なく使えるでしょう。


============
有機マルチの話
============

 このタンカンは、hideやんが植え付け、ず~と自然栽培で育てています。一昨年から、やっと収穫を始めたところです。最初の年が、確か6個ほどで、昨年が10個位の収穫実績でした。

樹も成長段階なので、収穫量が少なかったのではと考えていたのですが、今年はよ~く観察すると全く着果がありません。出蕾があったのは確認していますが、着果へ至っていないことが判明しました。

 

このタンカンの根の廻りの様子です。自然栽培は、肥料(化学・有機)を一切施しません。土壌微生物を活性化させることがベースになります。有機物を微生物が分解して、得られた養分で植物は成長します。

炭素循環農法流にいうと、有機物を与えて微生物を飼っているようなイメージになります。有機物が餌になるのです。写真の有機物は、周辺の雑草や枯れて倒木した松の幹などです。

 

マンゴーの記事で紹介した通り、養分(肥料)が多く、樹勢が強くなると栄養生長となり、幹や葉の生長が盛んになります。おそらくこのタンカンの出蕾や着果が少ないのも、栄養生長の方へ傾いていることが要因だったように思えます。

 今後は、この有機物を減らすというか無くし、剪定を徹底することで、樹勢の低下につなげたいと考えています。

 

有機マルチ恐るべし!
---------------------------

肥料(化学・有機)ならいざ知らず、有機マルチだけで栄養生長へ傾けることができることにhideやんは、今更ながら驚いているところです。

 

耕作放棄地に植えつけたタンカンです。植え付け時期は、上記タンカンより、1年ほど遅れただけですが、成長の差は一目瞭然であることはお分かり頂けると思います。

梅雨入り前に、周辺の雑草を刈りましたので、早速、根の周辺に集め草マルチをしました。倒木松等もマルチできればいいのですが、数が数だけに難しそうです。今後は、可能な限り有機マルチ量を増やすようにしたいです。

 

==============
自家採種カボチャ
==============

 以前のブログで、パイナップル区画に植えつけた栗カボチャを紹介しました。その後、さほど大きくは成長してくれませんでしたが、食後の種を播種したところ、芽が出てきました。

農産物の種には、育った環境の情報が記憶されるらしく、自然農に取り組んでいる殆どの方が自家採種で農産物を育てています。遅ればせながら、hideやんも自家採種できる農産物を増やして行くことで、この農園にあった独自の農産物の栽培に注力していきたいと思っています。

 

 種数は少なかったのですが、播種した種は殆ど発芽しているような感じがしています。既に、生育環境の情報を記憶しているのでは!という思いにかられました。

今後の生育状況に注目していきたいです。

 

  この農園は混植が基本なので、早速農園内のあらゆるところに定植しました。写真は、果樹化野菜作りを目指しているナスの間に定植した様子です。

つる性なので、畑の雑草管理には苦労すると思いますが、何とかなるでしょう?って感じです。

 

 知り合いのNさんが田芋の苗を持って来てくれました。徳之島では、換金作物であるサトウキビ栽培が盛んになるにつれて、米作りをする農家は殆どいなくなりました。そのせいか田んぼが減り、主に南西諸島で栽培されているにも拘わらず、 hideやんも田芋を食べた記憶がありません。

 

田芋について、早速ネットで調べてみました。
----------------------------------------------

タイモは、浅い水を張った畑で栽培されるサトイモ。「ミズイモ」とも呼ばれる。 主に日本の南西諸島の各地で栽培されており、地域によって呼び名が異なる。

田芋はテンナンショウ科に属する里芋の一種で、亜熱帯アジアなどの高温多湿な気候の地域の水田で広く栽培されています。 輪切りにすると薄紫色をしており、味と食感はサトイモとサツマイモの中間のような感じで、少し粘り気があります。

----------------------------------------------

 

真菰の田んぼ(溝?)もギリギリなので、急遽、田芋用の田んぼを作ることにしました。将来的には、お米栽培も目指しているので、不耕起の田んぼにします。

梅雨の中休みを狙って作業に入る予定です。作業後は、ブログでご紹介できればと思っています。


最後までお読み頂きありがとうございました。
by  hideやん(記)